前へ
次へ

無事に鍼灸治療を終わらせるためにも

特定の鍼灸治療場所を選んで無事に治療を終わらせるためにも、どこの治療場所を選ぶのが妥当なのかを考えて

more

鍼灸治療は古来中国で生まれて日本に伝来

日本の文化の中には日本で生まれたものもあれば海外から取り入れられたものもあります。古い昔は日本も大陸

more

鍼灸治療とセルフお灸の違い

セルフお灸として美容やストレス緩和を目的に、自分自身で販売されている商品等を使用してお灸をする方が居

more

鍼灸治療の周期や妊娠中・整理中の治療

鍼灸治療は一体どの程度通ったらいいのかは、体調や身体的な症状によって大幅に異なります。個人差がありますが、1週間から3週間に1度から2度程度通っている人が大半です。そのため、効果を実感できるかどうかだけではなく、針灸院の鍼灸師に相談をして治療を受けることが望ましいでしょう。体調の変化に応じて通う頻度を買える人も少なくありません。最初のころは1週間に1度程度で回復を目指し、回復期に入ってきたら2週間から3週間に1度程度にしておくと体調に過度の負担をかけずに回復を目指すことが可能となるでしょう。ただし、初期には治療後にだるくなったり帰って症状が悪化してしまうように感じられる可能性も少なくありませんが、これは好転反応というものなので、安心してください。とはいえ、好転反応が起こることによって精神的なストレスを感じ、かえって症状が悪化してしまったり改善を見込めなくなってしまうことは裂けたいと思う人が少なくありません。その場合は針灸院で相談をすることで治療の強さを調節してもらうことが可能です。治療の強さによっては通常よりもはるかに穏やかな作用で回復することができます。なお、妊娠中や生理中に治療を受けても可能かどうか、わからないという人も少なくありません。結論から言うとどちらの状態でも鍼灸治療を行うことは可能です。つわりや腰痛、逆子などの症状を感じているときにも針灸院に相談することで、改善に導くこともできます。また、生理不順やPMSなどの症状を緩和させるためにも効果的です。鍼灸を受けることによって生理の周期が正常化してくる可能性は高く、定期的に治療を受けることでより確かな効果を実感できるでしょう。女性の体調は特にデリケートとなっているため、定期的に治療を受けることによって、より高い効果を実感できるといわれています。体調を回復させるためには、針灸院と相談を行って体調に負担をかけずに治療を行ってください。

甲府市の矯正歯科「歯科・矯正歯科 GOOD SMILE」http://www.goodsmile-ortho.com/

ご要望に応じて歯並び・ホワイトニングを提供

親子で通える歯医者
キッズスペース完備の河合歯科クリニックなら安心してお通いいただけます

科学的データに基づく歯科治療
光が丘の歯医者「つきおか歯科」がお届けどします

埼玉県久喜市の歯科クリニックで虫歯の治療や予防
歯の健康に不安のある方は、ぜひ一度ご相談下さい

Page Top